さくちち乳業広報部

PCとかゲームとかモバイルガジェットとか

友人の自作PCを組み立てました!【構成編】

マザボ、HDD、ケースがボロボロで買い替えたいけど資金がないさくちちです。

いやほんと、現状自作PCを構成しているパーツの殆どが5年以上可動している物ばかりなので、いつ火を吹いて故障してもおかしくないんですよね、マジで怖い。

まぁそんな話はさておき、今回は「折角金が入ったし、PCを新しく組みてぇなぁ…」と友人に相談をされたので、友人と共に自作PCに初挑戦をしてきました。

TwitterではPCに詳しい雰囲気を出しているさくちちですが、0からPCを自作した経験は実は無いんですよね。せいぜいGPUの交換とかケース交換、OSのクリーンインストールくらいしか経験のない自作初心者です。ルーキーです。

まぁ当然そんな初心者がイチからから自作をすると色々と問題が噴出する訳ですが、そういう点を含めて自作初心者が気を付けるべきだ!と感じた点とかを書いていこうと思います。

あくまでこれは自作初心者の自作体験談だからね!過度な期待はしないでね!

パーツ構成

 今回は友人が提示した新PCの条件が性能の良いPCのを組んでくれ!という一点のみだったので、スタンダードな構成にしました。

個人的に気をつけた点は

  1. 出来るだけコスパの良いパーツを利用する
  2. 電源にはある程度の余裕を持たせる
  3. 出来るだけ店員の意見を聞く

以上の3点ですかね。気を付けて当然なポイントばかりですが。

その結果できあがったのが以下の構成です

詳しい構成はこちらから

パーツはどこで購入するべきなの?

今回はTSUKUMOで一式購入をしたので、細かい値段に相違がありますが、大体これくらいのお値段でパーツを購入できました。

TSUKUMOを選んだ1番の理由はアフターサポートが充実している事で、これは後々かなり助かりました。

他の理由としてはポイントが付くことだったり、安売りセールをしていたり…と基本的にはお金関係の理由ですね。

    

GTX1080がこんな価格で売られていたりと、実店舗ながらやっぱり侮れません。

それと、知識のある店員さんが親身に相談に乗ってくれるのも実店舗ならではの利点だと思います。

分からない事があったらガンガン聞いて、叡智を借りつつベストなPC構成を目指しましょう。あわよくば知識を吸い取っちゃいましょう。

という訳で

一式どかっと買っちゃいました

f:id:sakuchichi:20181002142217j:plain

 以上のパーツを友人と2人で秋葉原から持ち帰ってきましたが

死ぬほど大変でした

特にPCケースが鬼門で、巨大な上に持ち手も小さいので、キャリーカートや車は正直必須かなぁって感じました。重すぎて指がちぎれるかと思った。いや本当に。

f:id:sakuchichi:20181002220301j:plain

見た目以上に持って帰るのキツイんですよ…これ…

 ↓こういうキャリーカートがあると何倍も楽になるので、電車を使う人は予め用意しておくと良いですね。

BUNDOK(バンドック) キャリー カート Mサイズ BD-335K 折りたたみ式 ゴムひも付属 耐荷重40kg

BUNDOK(バンドック) キャリー カート Mサイズ BD-335K 折りたたみ式 ゴムひも付属 耐荷重40kg

 

 まぁこんなゴリ押しする人はそうそういないとは思いますけど。

 まとめ

ここまで色々書いてきましたけど、自分の気に入ったPCパーツを買い集め、それらを組み合わせて自分だけのPCを自作する、という行為にロマンや楽しさを見いだせない人には正直自作はおすすめできません。

なにかトラブルが起これば自分で原因を解明して対応しなければならないし、その過程でもちろんお金は飛びます。時間も吸われます。

でも自分はお金も手間も掛かる自作PCを組む』という行為が好きだし、自分のPCを弄ったり新しい構成を考える事が滅茶苦茶楽しいんです。快感を感じられるんです。

正直一種の病気みたいなものなんじゃないかと思ったりもしますが、PCオタクってそういうものだと思います。

お金の事だけ考えたらBTOでパパパっと注文するのが一番安上がりだし、お手軽ですしね。

今回の自作PCは紆余曲折あり、結局完成したのはパーツの購入から約1ヶ月後になりました、その話はまた次回書きたいと思います。

それでは今回はここまで!皆さんも良い自作erライフを~

ではでは~ :)

Artizan飛燕MIDからLogicoolG440tに乗り換え!

どうも、さくちちです

ここ最近の天気の悪さからくる湿気のせいでマウスがまっっっったく滑らなくなりブチ切れた結果、今まで使っていた布製ソフトマウスパッドのArtizan 飛燕MIDからプラスチック製ハードマウスパッドであるLogicoolG440tへと乗り換えを敢行しました。

f:id:sakuchichi:20180929152957j:plain

クッソ汚いマウスくんとのツーショット

 今回は店頭で触ったりせず勢いで購入したのですが、結果大成功!

もうマウスが滑ること滑ること!雨降り+エアコン無しの自室でも、カラッと晴れた日でも、まったく変わらない滑り心地を提供してくれます。

f:id:sakuchichi:20180929152930j:plain

結構おおきめ

サイズの比較ですが、飛燕が320(W) x 250(L) x 3(H)mmのサイズに対し、G440tが340(W) x 280(L) x 3(H)mmと、一回り大きいサイズになっています。

流石に布製パッドのピタッと止まる感覚は無いですが、きちんと滑ってくれているので個人的には全く気にならないレベルですね(元が酷すぎたのもありますが)

 最初はソールを張り替えようと考えていたのですが、DeathadderELITE用の良いソールが見つからなかったので断念しました。

多分僕はこれからずっとハードタイプのマウスパッドを愛用していくことになると思います。それぐらい良いマウスパッドでした。

湿気にお困りの皆さんはハードタイプのマウスパッドへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

ではでは~:)

BattlefieldVをプレイしてみてのふんわりざっくり感想

プレイしてみてざっくり感想

 歩兵編

ゲーム的にはかなりBF3や4の味が戻ってきた感じがする。BF1は突撃兵の主力武器がSMGだったせいで中距離戦以降の撃ち合いはかなり厳しい物があったが、今作ではメイン武器が

突撃兵 → アサルトライフル

看護兵 → サブマシンガン

援護兵 → ライトマシンガン

偵察兵 → スナイパーライフル

とBF1以前のBattlefieldに回帰しており、BF4のプレイヤーにも比較的受け入れやすくなっていると思う。

また、分隊メンバーとの連携を重要視したゲームデザインに変更されたことで、携行可能な弾薬の量がかなり減っており、初期装填分+1マガジンほどの量になっている。援護兵は今までのBFと同じ量の弾薬を持てるが、今までの作品よりも援護兵は分隊内外に関わらず重要な兵科になっていると感じた。

また、重火器はリコイルが激しくなっており、リコイルコントロールが重要になっていると感じた。今までのBFの感覚で弾をばら撒いていると全く当たらない。

マップ編

マップは雪原マップのArctic Fjordと市街地マップのRotterdamをプレイすることが出来た。どちらのマップも適度な遮蔽物や隠れられる地形が存在しており、プレイしていてとても楽しめた。

地形の破壊や、一部兵科でのバリケード設置などで、地形は今までの作品よりも大きくゲームに関与してくるようになったと思う。

航空機編

航空機は前作と比べて速度が落ち、旋回性能が上がった気がする。今までのBFで最も初心者が操縦しやすい航空機なんじゃないだろうか?まぁ僕は1回しか航空機に乗れていないので、本当にふんわりとした感想だけど。

マップには対空砲も設置されていたが、BF1とは違い、初期リスポーン地点付近にのみ設置されていたので敵陣方向に突出し過ぎなければそこまで驚異にはならないと思う。

ビークル

ビークルはハーフトラックに数分乗っただけなので本当に全く触れていないに等しい。だが、初期装備から突撃歩兵に対戦車火器が無いので、今までのどのBattlefieldよりも戦車が恐ろしい存在になっていると感じた。マップにも対戦車火器が設置されていないので、本当に対抗手段が無いのだ。

戦車はBF1の微妙に使いにくい黎明期の戦車達と違い、タイガー戦車やクロムウェル巡航戦車などのWW2期に存在したメジャーな戦車が登場しているので、プレイ感としては3とか4に近いのかな、戦車はスポーン数が少ない上に対戦車火器の少なさからダメージを受けにくいので、全く乗ることが出来なかったので詳しいことは何一つわかりません。

まとめ

BattlefieldVは今までのBattlefieldの良いところをつまみ食いしつつ、独自の修正を加えた事で、今までのBFと比較しても非常に完成度の高い作品に仕上がっていると思う。

正直な話、自分の中ではBF史上最も面白いオープンベータテストだった。

i7 4770,GTX1060 6GB,RAM16GBの構成でも設定をLOWに落とせば60fps以上でかなり安定してプレイ出来たので、自分は購入する予定。

それでは皆!また戦場で会おう!

BattleFieldVのオープンベータテストの事前DLが始まったらしいよ

OriginでPC版BattlefiedVのプリロード(事前ダウンロード)が始まったみたいですね

PC版

f:id:sakuchichi:20180904222037j:plain

Origin版BFVのOBTページ

https://www.origin.com/jpn/en-us/store/battlefield/battlefield-v

 Downloade Open BetaをクリックするとOriginのライブラリにBFVのOBTを追加する事ができるので、そこからインストールを進めることができます。

f:id:sakuchichi:20180904222144j:plain

DL容量は12GBちょっと。製品版が50GBらしいので、OBT版は大分容量控えめですね(当然ですけど)

オープンベータテストはBFVの予約購入者が9月4日からの先行アクセス、一般への開放は6日から始まり、終了は9月11日を予定しているみたいですね。

 

CS版のOBTはこちらからアクセスできるみたい

PS4

store.playstation.com

XboxOne版

www.microsoft.com

 最後に

Battlefieldの最新作を無料で体験できる貴重な機会なので、皆さんもぜひこの機会にBFVのOBTに参加してみては如何でしょうか。

僕はPS4版とOrigin版で参加予定です

戦場で出会った時はお手柔らかにお願いしますね!

ではでは~

HaswellからCoffee Lake-Sへの更新の個人的忘備録

完全に個人用の忘備録的な記事。PCパーツや自作に関する知識もまだ全然無いので、ご指摘などあれば是非お願いしたいです。

予算は6万円程度が限界なので、その制限内で収まるように構成を考えました。

 

 

購入予定パーツ

CPU インテルCore i5 8400 BOX

メモリ CorsairCMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]

マザボ MSIZ370 GAMING PLUS

SSD インテルSSD 760p SSDPEKKW256G8XT

予定の構成

※2018/09/01現在の価格


【CPU】Core i5 8400 BOX \19,979 @最安
【CPUクーラー】CPU付属のクーラー\無料
【メモリ】CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組] \19,094 @最安
マザーボード】Z370 GAMING PLUS \13,377 @最安
ビデオカード玄人志向 GTX1060-6GB\前PCからの流用
サウンド】なし
SSDSSD 760p SSDPEKKW256G8XT \8,470 @最安
【HDD】前PCから1TBと2TBのHDDを流用
光学ドライブ】前PCの物を流用
【ケース】前PCの物を流用(型番不明)
【電源】前PCから800W電源を流用(型番忘れた)
【OS】Windows10のライセンスを流用
【合計】¥ 60,920


  • CPU  i7 4770からのスペックアップを図りつつ次世代ソケットへの対応をメインに構成を考えたのでこんな感じ。
    i5 8400はi7 7700kに迫る性能らしいけど、Haswell世代使ってたマンの僕からするとちょっと何言ってるか分からない。しかし実際3DゲームにおけるFPS計測では7700k並の性能を叩き出している。何だこのコスパ!?
  • メモリ 君ちょっと値段が高すぎませんかね…メーカーへのこだわりは特に無いので、定番のCorsairをチョイス。
  • SSD M.2SSDはOSメインで、あとはちまちまとゲームを入れる程度なのでこれで十分。足りなくなったら増設します。
  • マザーボード 頻繁に買い換える物でもなく、Coffee Lake-Sに限界が来るまで使い潰すつもりなのでちょっとだけ良い物を買う。

まとめ

BF5に向けてちょっとPCの構成を変更したいなーと色々見て回ってみた結果、この構成に落ち着きました。正直贅沢を言えばもっと高性能なCPUを積みたいけど、贅沢は敵お金が全然ないの;;なので少し控えめなこの構成に落ち着けました。

実際GPUもミドルハイくらいの性能だし、十分釣り合ってるはず。

Ryzenも選択肢に食い込んできて滅茶苦茶悩んだけど、やっぱりゲームがメインなので未だ最適化が十分でない上、これからの最適化が満足に進む確証の無いRyzenは選択肢から外れました。クリエイター向けソフトとか、動画の書き出しとかも殆どしないし。

これらのパーツを2~3ヶ月くらいかけてゆっくり集めて行きたいなーと計画中。無理の無きようゆっくりゆっくり。スマブラSPECIALも欲しいし

 

それでは今回の記事はここまで。

 

やっぱり自作PCは構成を考えているときが一番楽しいよね!!!

肝心のパーツは中々手が届かないけどな!!!ハッ!!!!!

 

 

※今回の記事に使用した表はこちらのサイトを利用して作成しました。

niku.webcrow.jp

ドラマツルギー動画を作ってみたり

ども、さくちちです。

先日、久し振りにMMDで動画を作ってみたりしました

 

 

いやあ、ここ最近Eveさんの楽曲にとってもハマってまして、かつカッコイイモーションとカメラを見つけてしまったものですから

「これはもう作るしか無いのでは!???!?!」

と、かってにテンションを上げて作っちゃった感じですね。

 

今回のコンセプトは「深夜~早朝の澄んだ透明感のある空気の表現」でした。

ドラマツルギーのクールな雰囲気に合った夜の冷たさ、透明感のある空気をある程度は表現できたのではないかな?と自分では思っています。

 

また、今回の動画で使用したエフェクトや自分がよく使う表現方法などはいずれ記事でまとめて紹介したいと考えているので、興味がある方は是非とも覗いていただければと思います。

 

 それでは今回はここまで。

 

動画にマイリス、コメントを頂けると泣いて喜ぶので何卒よろしくお願いします!

 

それでは。

【合法】PS4版CoD BO3を実質無料で購入する方法【7/11まで!】

必要な物は以下の3つのみ

  1. PS4Plusに加入済みのPSNアカウント
  2. クレジットカード(デビットカードでも可)
  3. 100円
ステップ①

コール オブ デューティ ブラックオプス III ダウンロード通常版』の購入コードをDLする

store.playstation.com

 

ステップ②

コール オブ デューティ ブラックオプス III ダウンロード通常版』を購入

store.playstation.com

たったのこれだけ。

購入時にかかった100円はキャンペーン終了時に返金されるので、実質無料でCoD BO3を手に入れることができます!

CoDWW2が発売された今も人口が沢山いるゲームなので、手に入れておいて損はなし!

期限は2018年7月11日までなので、気になる方はお早めにどうぞ!

皆様もこの機会にCoDデビューしてみては如何でしょうか?

 

それでは皆さん、Good Luck,Have Fun!