さくちち乳業広報部

PCとかゲームとかモバイルガジェットとか

秋葉原キーボード散策の段

どうも、さくちちです

昨日上野をお散歩するついでに秋葉原でキーボード散策に出ていました。

今まではNorthcrown P-1000という中華製青軸キーボードを使用していたのですが、荷重の重さと打鍵音の大きさが気になり、秋葉原赤軸茶軸Razer黄軸メンブレンパンタグラフなど、ありとあらゆるキーボードを触ってきました。

青軸が嫌いな訳ではなく、P-1000発売前のNorthcrownの英字配列モデルも使っていたくらい青軸も好きなんですが、深夜はどうしても音がね…気になるんです…あと、文字書きする時には重めの荷重がそれなりに負担に…

というわけで荷重低めかつ静音性もあるゲーミングキーボードに絞り、Arkツクモヨドバシアキバの3店舗を回り、自分に合うキーボードを探す散策に出発したという訳です。

戦利品報告

f:id:sakuchichi:20180514143853j:plain

戦利品袋

今回買ったものは

f:id:sakuchichi:20180514143950j:plain

Artizan|飛燕MID Mサイズ

f:id:sakuchichi:20180514143927j:plain

Logicool PRO メカニカルキーボード|G-PKB-001

の2つの商品です。

マウスパッドは同じものの廉価版であるValueEditionのSサイズを使っていたのですが、サイズの小ささとパッド本体のグリップの弱さが気になっていたのと、単純に古くなってきていたので買い替え。

そしてここからが本番

何故このキーボードにしたのか?という話になるのですが、最初はRazerBlackWidow Ultimate Stealth 2016というキーボードを買おうと考えていました。しかしツクモでは在庫こそあったものの触ることが出来ず、他2店舗ではそもそも在庫なし(自分が見た限りでは)ということで諦め、他のメーカーのキーボードを漁る事に、Steelseriesは予算との兼ね合いで選択肢から脱落。

いよいよどうしようかと考えていた所ツクモにて

f:id:sakuchichi:20180514143830j:plain

安すぎィ!

Logicool PROが安売りされているのを発見。

定価はLogicoolのHPでは14,630円、Amazonでは

 

 2018/05/14現在1万円弱と、かなり安くなっていました。

このキーボードはRomer-G™キースイッチというLogicool独自のキースイッチを採用しており、茶軸赤軸と同じ45gの荷重と同レベルの静音性を備えており、打鍵感も個人的にはかなり好みでした

「買うべきか…?買わぬべきか…?」

結構な時間悩みましたが、「えーい買ってしまえ!」と思い切って購入しちゃいました。

今回のブログ記事もPROで執筆していますが、軽い打鍵感と静かめな音で気持ちよくタイピングすることが出来ています。正直かなりお気に入りのキーボードかなぁ。

Logicoolのドライバを入れれば光り方、ゲームモードのキー無効化設定、マクロなんかもいじれるので、設定周りは他社キーボードと遜色ない感じ。

という訳で、これからもよろしくな!Logicool PRO

終わりに

今回初めてガッツリキーボードを触って購入してみた訳ですが、やっぱりマウスやキーボードなどはPCの手足に当たるような道具なので触ってみて選ぶのが一番だなぁと思いました。後、Logicool信者になりそう

次はマウスを買い換えようかなぁとか思ったりしてます。次に買うとしたらこれまたLogicoolG502かなぁ。

Logicoolのマウスは前にG402を使っていた事があるんですが

 

sakuchichi.hatenablog.com

 

サイドボタンが使いやすい位置に付いていて、なおかつ握りやすい形状をしているのでお気に入りなんですよねぇ。

おかねもちになりたい!!!

 

それではさようなら