さくちち乳業広報部

PCとかゲームとかモバイルガジェットとか

適当デバイスレビュー『Logicool G402』

 ども、さくちちです

前回の記事↓にもあるように、マウスがぶっ壊れたので、新しいマウスを購入しました

sakuchichi.hatenablog.com

 今回購入したマウスは『Logicool G402』というゲーミングマウスです

 

LOGICOOL ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402

LOGICOOL ウルトラファースト FPS ゲーミングマウス G402

 

 

Logicoolはゲーミングデバイスの大手なので、知っている人は結構多いハズ

こっから本編

 届いたマウス

f:id:sakuchichi:20170309211456j:plain

箱はDeathadderと比べてちゃっちかった。まぁ価格帯を考えれば妥当かなと言う感じ

中には取説のDL先が書かれた紙とかが入っているくらい。

 

肝心のマウス本体

f:id:sakuchichi:20170309211908j:plain

Logicoolのロゴが光っている、光量はドライバで変更可能だが、Steelseries、Deathadderに比べて暗め

iPhone5sとのサイズ比較

f:id:sakuchichi:20170309211619j:plain

Steelseries、Deathadderと縦のサイズはあまり変わらないが、高さがあまりないため、少し小ぶりな印象を受けた。

実際に使用してみると、軽く、握りやすい形状をしていて、結構扱いやすい

 

サイドボタン。

f:id:sakuchichi:20170309211615j:plain

G402にはサイドボタンが5つ付いている。

親指部分と、サイドの4つのボタンがそれで、こいつらにはそれぞれドライバでキーを割り当てることができる。

親指ボタンは初期設定でDPI変更が割り振られているが、そんなもん使う予定はないので速攻でマウスホイールクリックに割り当てた。

ネットサーフィンが捗りすぎて怖いです

 

ドライバ。

f:id:sakuchichi:20170309212543p:plain

G402はドライバで「サイドボタンの設定」「DPIの設定」「発光の設定」「マクロ設定」など、ゲーミングマウスに求められる設定をしっかり行うことが出来る

ロゴの発光色は変更できなかったが、僕はそんなにこだわりがないので気にしない。

 

気になったところ

①ポインタの反応が敏感

僕が今まで使用していたマウスでは起こらなかったのだが、マウスをパッドから1cmほど浮かして動かすと、マウスポインタが反応してしまう現象が起きた

FPSで精密射撃をしたり、MOBAで視点を動かしてスキルを撃つ時にちょっと支障が出るかもしれない

②ソールが微妙

以前使用していたマウスと比較して、滑りがあまりなめらかではないと感じた

でもまあ神経質な人以外は気にならないレベルだと思う。どうしても嫌な人はソールを張り替えちゃえばいいと思うよ。

 

マウス用ではないが、これが結構高い評価を得ているみたい↓

カグスベール フリーサイズ

カグスベール フリーサイズ

 

 ちなみにぼくはつかったことないです

 

総評

G402はコストパフォーマンスに優れたマウスで、RazerやSteelSeriesなどの高級なマウスに手が届かない人にとっては、非常に優れたマウスであると言える

サイドボタンも十分な量付いていて、FPS、MMO、MOBAなど、幅広い用途に使うことが出来るはず

お値段も2017年3月現在で4600円と安価なので、G300Sなどの下位マウスからの乗り換えや、初めてのゲーミングマウスとしても十分おすすめできる。

 

でも流石に質では先程挙げた2社には敵わないので、このマウスに満足できない人はもう少しお金を出して

 ↓これか↓

 ↓これのどちらかを買おう↓

【国内正規品】ゲーミングマウス SteelSeries Rival 300 Black 62351

【国内正規品】ゲーミングマウス SteelSeries Rival 300 Black 62351

 

 そんな感じ。

 

では今回はこのあたりでさよならさよなら

広告を非表示にする